2012年06月16日

佐用のアジサイ園 2年ぶり開園 2千株開き始め

兵庫県佐用町大垣内の棚田に広がる「大垣内アジサイ園」で、三宅登さん(72)、サヨ子さん(70)夫妻が丹精した24種約2千株のアジサイが開き始めている。昨年は県西・北部豪雨の復旧工事の影響で開園できなかった。今年は登さんがけがをしたが、リハビリしながらオープンにこぎつけた。(小西隆久)

 アジサイ園は、標高約272メートルの山腹に位置し、広さ約1・5ヘクタール。三宅さん夫妻が約30年間、栽培を続けており、2006年には西播磨県民局から「西播磨花の郷」に認定された。

 昨年は隣接する山林で09年8月の県西・北部豪雨災害に伴う砂防ダムの建設工事と期間が重なり、開園できなかった。さらに今年は登さんが肩の腱を切り、1月から3カ月間入院。退院後もリハビリで通院する一方、園の草刈りなどに精を出した。

 春の冷え込みが影響して開花は遅れ気味だったが、ようやく開園。登さんは「楽しみに待ってくれているお客さんがいるから」と笑う。

 6月下旬ごろに花は盛りになるといい、24日には特産品販売やミニ喫茶などがあるアジサイ祭りを開く。7月10日まで開園。環境整備協力金として中学生以上300円が必要。三宅さんTEL0790・87・0518
http://www.kobe-np.co.jp/news/seiban/0005138817.shtml
************************************************************
30年間もかけて育てているとはびっくりです。どんなアジサイ園なのか一度見てみたいものです。


兵庫県あじさいの名所
兵庫県あじさいまつり
あじさいの名所・あじさいまつり
posted by touhoku2008 at 20:24| 兵庫 あじさい名所 あじさい祭り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。