2012年06月11日

ヤマアジサイ:洲本の観光農園で見ごろ 小ぶりで清楚、150本 /兵庫

洲本市千草戊の観光農園「源流の郷 あわじ花山水」で、サワアジサイとも呼ばれるヤマアジサイが見ごろを迎えた。新緑の中で、華やかな西洋アジサイとは違った、清らかで愛らしい姿を披露している。

 ヤマアジサイは山地の日陰や、湿気の多い場所に自生。花が小さくて枝葉で葉が薄く、茶花として人気がある。同園ではピンクの「楊貴妃」や紫の「深山八重」「剣の舞」など14品種約150本を栽培。江戸時代にドイツ人医師、シーボルトが「日本植物誌」で紹介した「七段花」も淡いピンクの小さな花をつけている。

 経営者の水田進さん(62)は「ヤマアジサイは西洋アジサイのように派手さはないが、落ち着いた独特の雰囲気で、清楚(せいそ)な姿は心を癒やしてくれます」と話す。

 園内にはヤマアジサイのほか、西洋アジサイ約50種類約3800本が植えられており、今月20日ごろから見ごろになる。入園料は中学生以上300円。営業時間は午前9時〜午後6時。問い合わせは同園(0799・22・7300)へ。【登口修】
http://mainichi.jp/area/hyogo/news/20120610ddlk28040244000c.html
************************************************************
様々な種類があってヤマアジサイも興味深いですね。


兵庫県あじさいの名所
兵庫県あじさいまつり
あじさいの名所・あじさいまつり
posted by touhoku2008 at 05:17| 兵庫 あじさい名所 あじさい祭り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。